玉ねぎの苗植えと給食用のみかん狩りを行いました。

12月5日と6日、淡路島に行ってまいりました!

若手スタッフたちはどちらか一日の参加が多い中、社長と部長は両日参加。
ハートスは経営陣たちがものすごく元気なのも特徴です。笑

一本一本丁寧に。玉ねぎの苗植え

小口ネギほどの小さな苗でも、匂いはしっかり玉ねぎ。

広すぎず狭すぎず、適度な間隔を開けて苗を植え付けていきます。
広い畑に一本ずつ手で植えていく作業は、実はけっこう腰に来ます。

「下の白いところが、苗が育つ源やからね。これを土で隠してしまわず、お日さまをいっぱい浴びさせてあげて」
玉ねぎ農家の藤堂さんたちに教わりながら、一本ずつ大切に植えていきました。

これが来年の初夏には大きな玉ねぎになり、カレーやコロッケに変身して園のみんなに食べてもらえるのだと思うと、とてもうれしくなりました。

「どうか無事に育ってください」
自然の偉大さに思わず手を合わせたくなるような瞬間でした。

腰が痛くなってきた松川さん
さすがプロの技!早くて正確な苗植え作業に見とれちゃいました。

あまーいみかんを給食に出すために

淡路島には、平岡農園というみかんとレモンで有名な農園があります。

玉ねぎを植えたあとは、ちょっと足を伸ばしてこちらの農園へ!
翌週子どもたちに食べてもらうためのみかんを、スタッフたちが総出で収穫しました。

みかんならいくらでも食べられるらしい赤山さん

その数なんと、1300個!

幼稚園、保育園、こども園の先生たちと話し合って、子どもたちに収穫したてのおいしいみかんを食べてもらおうと、特別に献立に組み込んだのです。

こういう取り組みも、ハートスならでは。
翌週は、調理師のスタッフが子どもたちに「私たちが採ったみかんだよ〜」とお話しながら、楽しく給食を囲むことができました。

収穫の合間にみかんを食べすぎて、スタッフたちはみんなお腹たぷたぷになりました。甘酸っぱくておいしいみかんだったなぁ。
最高記録はなんと15個!
帰ってからお腹こわしてないかな…

来年の玉ねぎ収穫が今から楽しみです!

この記事を書いた人

ハートスフードクリエーツ株式会社
ハートスフードクリエーツ株式会社
「食空間の総合プロデュース」を行っています。食をキーワードに、枠にとらわれない多彩な事業を展開しています。